白内障の薬

白内障治療目薬‐Nアセチルカルノシン点眼液CAN-C/クララスティル

白内障の主な原因は老化

白内障は老化が原因で発症することが多いですから、老化現象と言っても良いありふれた眼病です。

放っておいても痛い訳でも命に関わる訳でもありませんが、白内障の症状が進むと視界はどんどん濁り視力が落ちていきます。白内障の治療は特に難しいものではないようですが、濁った水晶体を人口のレンズに取り換える手術が一番確実なようです。

しかし、目の状態によっては手術ができない、もしくは慎重な決断をしなければならないということもあります。単純に目の手術が怖くて決心ができないという方もいるでしょう。

白内障の手術は高齢者であってもそれほど負担のかかるものではありません。しかし、目にメスを入れると考えるとそれだけで尻込みしてしまうのは当然だと思います。

そこで、『手術はできる限り避けたい』、もしくは『手術なんて大袈裟なものは今のところ考えていない』という方に是非使っていただきたい目薬(点眼液)があるのでご紹介させていただきます。

それが、CAN-C(クララスティル)という白内障治療の点眼薬です。

特許取得の成分Nアセチルカルノシン配合

CAN-Cとクララスティルは、名前こそ異なりますが中身は同成分・同効能の全く同じ目薬です。アメリカでは『CAN-C(キャンシー)』、ヨーロッパでは『クララスティル』という薬品名で呼ばれています。

主成分であるNアセチルカルノシンが、人や動物の白内障に対して臨床的に効果が証明されており、実際に多くの方の視力が回復、水晶体の透過性が増したという実績を持っています。

したがって、初期段階の白内障であれば病院で処方される薬よりも効果に期待が持てるでしょう。

ただし病院側にしてみれば、(もちろん進行具合や症状にもよりますが)手っ取り早く手術してしまえば良いのにというのが正直なところかも知れません。白内障の手術自体は決して難しいものではないし、一度手術をしてしまえばその後継続して頻繁に病院に通う必要もなくなります。

しかし、様々な理由があって『手術の決断はまだ早いな』という方であれば、臨床実験で実績のあるNアセチルカルノシン配合の目薬「CAN-C」を使いながら自宅で様子を見るのも良いでしょう。

手術までの繋ぎでも気休めでもなく、白内障治療に効果がある唯一の点眼薬と言えるのがCAN-Cです。初期での効果は高いので、まだ手術する程じゃない方にこそ使用していただきたい目薬です。

CAN-C(クララスティル)+ルテインのサプリメント

白内障の原因は加齢によるものが多いですが、一般的に年をとると目も濁っていくものなのです。

原因を突き詰めたいところですが、まだ明確にはわかっていません。ただ、目へのダメージが少ないに越したことがないのは確かです。目にたっぷり栄養が届く状態、つまり血流が良く栄養も豊富な状態で、紫外線などの刺激にさらされることなく、もちろん外傷もないという状態が理想です。

簡単に言えば日頃から目を大事にしていれば、白内障も発症する確率は低くなるのです。当然のことながら白内障を発症してしまってからも、目を大事にすることでその後の進行状況は違うと言います。

だからこそ、CAN-Cを使って白内障の治療をするのなら、目の周りのツボを刺激するだとか、紫外線やパソコンの光をあまり見ないようにするとかという工夫はとても大切です。

お仕事柄パソコンやスマートフォンを見る機会が多いとか、紫外線にさらされやすいというのでしたら、ブルーライトを軽減するメガネで保護したり、目に良いサプリメントを摂取するという工夫もできます。

最近では、目を守るカルテノイドであるルテインのサプリメントが目に良いだけでなく、白内障や黄斑変性症と言った視力を大きく損なうような眼病にも効果的だという認識が一般化しつつあります。

CAN-Cを「だた使う」のではなく、これを機に目の健康についても考えてみてはいかがでしょうか?

関連サイト一覧
  •