白内障について

白内障治療目薬【CAN-C】 - 愛犬の白内障にも有効な市販の点眼薬

白内障とは?

白内障ってよく耳にする目の病気ですが、詳しく知らない人も多いかと思います。白内障とは、加齢にともない、眼の中でカメラのレンズのような役割を担っている水晶体が濁り、それに伴って視力が低下してしまう病気です。

年齢が上がると共に白内障による視力低下を起こす方はどんどんと増えます。60代では70%、70代では90%、80代になるとほぼ100%とまで言われているほど、誰もが多かれ少なかれ発症する目の病気といえます。

白内障にかかると視力低下はもちろんで、どんなにメガネを調整しても視力が出てこなかったり、視界が霞がかって見えたり、光を過度にまぶしく感じたりといった症状が出ます。本人には分かりづらいかもしれませんが、白内障にかかっている人の目を見ると、黒目が白っぽく見えたり、グレーがかって見えたりもします。

白内障は水晶体内の蛋白変性による不溶性蛋白増加により起こると言われます。これは老人性のものが最も多いのですが、中には先天性のものや糖尿病などの基礎疾患が原因になる場合もありますし、遺伝で起こる場合もありますし、眼の外傷によって起こる場合もあります。

これらの要素から考えると、年齢と共に多くの人に現れる目の病気ではありますが、若いからといってならないという訳ではありませんので、若いからといって油断は禁物といえるのではないでしょうか。